MENU

歯を白くすると印象度がアップ!

 

表情が豊かで笑顔が素敵な人は、好印象!

その笑顔で重要なパーツとなってくるのが、綺麗で白い歯ではないでしょうか。

 

芸能人もほとんどの人が歯並びが綺麗で、綺麗な白い歯ですよね。

 

笑顔を作ると、笑ったときには歯がのぞきます。その歯、実は見られていないようで、しっかり見られています。

 

「歯」は、その人の顔の印象を大きく変えます。

 

歯が白くないと不清潔に見える!

タバコやワイン、珈琲を飲み過ぎたりすると、歯が汚れてくるのはご存知かと思います。

 

やはり、真っ白の綺麗な歯に比べて、色素沈着をしてしまった歯は、どうしても清潔感にかけますね。

 

特に男性の場合は、タバコをたくさん吸う人は歯が汚れていやすいです。自分では気付いていないかもしれませんが、そのような歯では女性からは嫌がられてしまいます。

 

歯を白くするには、歯科や審美歯科などで、歯のホワイトニングをしてもらう方法と、自分で歯が白くなる歯磨き粉でホワイトニングする方法があります。

 

本サイトでは、自宅で手軽に、歯を白くすることが出来る、「ホワイトニング歯磨き粉」を紹介します。

 

歯を白くする歯磨き粉【おすすめランキング】

歯を白くする歯磨き粉のおすすめをランキング形式で紹介します。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

沖縄生まれの歯の美容液が「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」!

実力派のホワイトニング成分が、歯を傷つけずに汚れだけを浮かせて健康で白い歯を実現してくれます。

白さの決め手は「PPA(ポリアスパラギン酸)」。PPAが歯の表面の汚れを吸着し、剥がして取り去ります。「リンゴ酸」が取り去った汚れを再付着しにくくしてくれます。

さらに、口内の健康の為に、虫歯の発生リスクを軽減してくれると言われている、新成分「GTO」や、歯周病、口臭を予防すると言われている「アラントイン」、「シメン5・オール」なども配合されています。

「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は、通常の歯磨きの後に、歯ブラシに付けてブラッシングするように使います。

価格 3980(初回)円
評価 評価5
備考 定期初回:¥3980円(税別) 二回目以降:¥3980円(税別)
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの総評

歯磨きの後に使う美容液タイプの歯を白くする歯磨き粉です。どれを選んだでよいか迷ったらこの「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」を試してみてください。

オーラパールの特徴

日本初!美白成分と歯周病予防成分を同時配合!

オーラパールは、歯の悩みの中でも最も多い、黄ばみ、口臭を除去できるように開発されています。歯を白くしながら、口内のケアもできる画期的な歯磨き粉だと言えます。
オーラパールは、低発泡性の歯みがき剤です。泡を気にすることなく、歯と歯ぐきを隅々までみがくことができます。

歯が白くなることで、ビジネスシーンやプライベートでのあなたの輝きが変わります。

価格 1800(税別)円
評価 評価5
備考 初回特別\1800円(税別)
オーラパールの総評

長年、薬用の歯磨き粉を開発した専門家が開発した、ホワイトニングと口内ケアが同時にできる画期的な歯磨きです。価格もリーズナブルです。是非、試してほしいアイテムです。

トゥースメディカルホワイトEXの特徴

ホワイトニングのプロ「歯科医」も絶賛!

各種のメディアでも話題の歯を白くする歯磨き粉です。注目成分「ウルトラメタリン酸EX」を高濃度に配合した、研磨剤、発泡剤、漂白剤未使用の安全な歯磨きです。

「ウルトラメタリン酸EX」は、歯と汚れのの間に入り込んで、無理なく汚れをはがしてくれます。同時に、歯の表面をコーティングしてくれるので、汚れずらくしてくれます。

初めて方は、14日間全額返金保証付きです。

価格 3297(税別)円
評価 評価4
備考 通常\3297円(税別)

薬用パールホワイトPRO EXプラスの特徴

即効性が期待できる歯を白くする歯磨き!

薬用パールホワイトPROプロEXプラスには、歯の漂白に必要な最新の成分が配合されています。

数年間の汚れが沈着した歯を液に短時間浸すと90%の汚れが落ち、漂白されることが確認できています。

初めて方は、長期間の45日間全額返金保証付きです。

価格 7778(税別)円
評価 評価3.5
備考 通常\7778円(税別) 定期初回\3000円(税別)

ブラニカの特徴

磨くたびに陶器のような真っ白い歯へ!

独自のWホワイトニング成分でクリニック級の白さを目指せます。

まずは、黄ばんだ歯の汚れを落とすために、一つ目のホワイトニング成分「天然ポリリン酸」と「ピロリン酸」がステインを浮かせて落としてくれます。

その後に、もう一つのホワイトニング成分の「板状ハイドロキシアパタイト」が。ステイン以外の汚れを取り除き、さらに、歯の表面をコーディングしてくれます。

価格 2700(税別)円
評価 評価3.5
備考 単品:¥2700円(税別) 定期:¥2430円(税別)

Be・smaileの特徴

歯の汚れを落とし白い歯に導く「ホワイトニングジェル」!

ビースマイルでは、「歯磨きジェル」と「液体ハミガキ」を使って歯を白くしていきます。

「ポリアスパラギン酸Na」が、歯の表面の汚れを吸着して取り去ってくれます。さらに、「リンゴ酸」が汚れの再付着を防止してくれます。

さらに、「ウーロン茶抽出物」や、「アラントイン」、「シメン5オール」などが、歯周病の予防、口臭予防などサポートしてくれます。

価格 7000(税別)円
評価 評価3.5
備考 セット単品:¥7000円(税別) 定期:¥5600円(税別)

歯を白くする歯磨き粉は「ホワイトニングジェル」と「歯磨き粉」に分けられます!

 

歯を白くする歯磨き粉には種類があります!

 

 

それは、「ホワイトニングジェル」と「歯を白くする歯磨き粉」です。

 

その違いについて説明します。

 

ホワイトニングジェル

歯についたステインなどの汚れを落として歯を白くすることに、特化したタイプで、通常の歯磨きの後に使います。

 

一週間程度で、効果が出始めます。その後は、定期的に使うことで効果がアップします。

 

主な商品:薬用ちゅらトゥースホワイトニングトゥースメディカルホワイトEX薬用パールホワイトPRO EXプラス

 

主に配合されている成分
  • ポリリン酸ナトリウム(歯の汚れを落とし歯をコーティングし汚れの再付着を防ぎます。)
  • メタリン酸ナトリウム(歯の汚れを落とし歯をコーティングし汚れの再付着を防ぎます。)
  • リンゴ酸(浮かした汚れの再付着を防ぎます。)
  • ハイドロキシアパタイト(歯の汚れを吸着しながら取り除いてくれます。)

 

歯を白くする歯磨き粉

通常の歯磨きと同じように、日々、使うことで、少しずつ白い歯を目指す歯磨き粉です。

 

即効性はありませんが、白い歯を予防したり、白さをキープしたい場合に役立つ歯磨きです。また、口臭予防や虫歯予防、歯周病予防などにも効果を発揮する商品になっています。

 

主な商品:オーラパール

 

 

歯科医でのホワイトニングは効果が高いけど費用も高い!

 

「歯科でのホワイトニング」と「セルフで行うホワイトニング」ではどっちがイイのでしょうか?

 

歯科でのホワイトニングと、自分で行う「歯を白くする歯磨き粉」を使ったホワイトニングを比較してみます。

 

歯科でのホワイトニングは「2種類」ある!

歯科の施設内で行う「オフィスホワイトニング」と呼ばれる施術と、自宅で自分で行う「ホームホワイトニング」があります。

 

また、効果を高めるために、「2つ」とも行う「デュアルホワイトニング」という方法もあります。

 

「オフィスホワイトニング」

歯科の施設で行うワイトニングは、変色した歯を、「強力な漂白剤」で、漂白して白くしてくれます。

 

歯科医によっては、漂白剤の代わりにポリリン酸やメタリン酸などを使用したあるいは漂白剤にそれらを配合したホワイトニングをおこなっているところもあります。

 

歯を白くする効果は、とても高く、その場で「歯が白く」なったのを確認できます。とはいえ、通常は、週一回程度で、1〜4回程度を続けて通います。

 

気になる費用は、ホワイトニングの範囲や、歯科医院によって変わりますが、【約5万円〜約10万円程度】は掛かります。

 

「ホームホワイトニング」

歯科医院で、提供している自分で行えるホワイトニングが「ホームホワイトニング」です。

 

 

「オフィスホワイトニング」で使われる漂白剤より、弱い自宅用の漂白剤を、自分専用の「マウスピース」に入れてそれを歯にはめる事で、歯を漂白して白くします。

 

まず、初めに歯科医院で「ホワイトニング用のマウスピース」を作成します。一度、「マスピース」を作成すれば、あとは「自宅用の漂白剤」を購入すれば、何回でもホワイトニングできます。

 

費用は、【約2万円〜約5万円程度】掛かります。ほぼ、「マウスピース」の費用で、別に「自宅用の漂白剤」として、1〜2週間で【約5000円〜1万円程度】掛かります。

 

 

「歯科医院でのホワイトニング」と「歯を白くする歯磨きでのホワイトニング」を比較

歯を白くする効果

歯科医院でのホワイトニング(オフィスホワイトニング)が最も効果が高く、次に「ホームホワイトニング」です。やはり、医師が提供するサービスが効果が高いのは想像できます。

 

歯を白くする歯磨き粉では、「ホワイトニングジェル」タイプが効果が高く、「歯磨き粉」タイプは歯を白くする効果は低いと言えます。

 

費用面での負担

●オフィスホワイトニング:約5万円〜約10万円程度
●ホームホワイトニング:約2万円〜約5万円程度、漂白剤1週間分(約5000円〜1万円程度)
●ホワイトニングジェル:約8千円〜1.5万円程度(一カ月分)
●歯を白くする歯磨き粉:約2千〜5千円程度(一カ月)

 

歯科医院でのホワイトニングは、保険が利かないので割高になります。

手間や手軽さ

歯科医院でのホワイトニングは、通う手間が大変です。「オフィスホワイトニング」では、1〜4回程度も通う必要があります。「ホームホワイトニング」の場合でも何回も通う必要があります。

 

歯を白くする歯磨きやホワイトニングジェルなら、自宅に居ながら手軽にいつでもホワイトニング出来ます。商品は手軽に通販で購入できます。

 

安全性

歯科医院のホワイトニングは、強力な漂白剤を使用します。医師が扱うの基本的には安心です。「ホームホワイトニング」では、少し弱い漂白剤ですが扱いには注意が必要です。

 

 

歯を白くする歯磨きやホワイトニングジェルは、自然由来の成分を使用したりと安全性は高いと言えます。

 

総評

お金に余裕があり、効果の高いホワイトニングを早めにしたいと希望の方は、歯科医院の「ホワイトニング「を受けることをおすすめします。

 

手軽に、セルフでホワイトニングを行い歯を白くしたいという方は、「歯を白くする歯磨き粉」、「ホワイトニングゲル」が、断然におすすめです。

 

 

 

 

歯を白くする方法について

ホワイトニング(クリーニング)で歯を白くする

白い歯は、他人から好印象をもたれます。食べ物や飲み物、タバコなどの常用で、歯はどんどん汚れていってしまうもの…。そして汚れたらなかなかとれないのが歯の汚れです。一度汚れてしまったら、自分のケアではなかなか劇的な効果が得られません。そこで頼りになるのが歯医者でのホワイトニングです。歯医者でも歯を白くするにはいろいろな方法があります。そのひとつの方法が、クリーニングで歯を白くする方法です。

 

オフィスホワイトニングで歯を白くする

オフィスホワイトニングは、光の反応で歯を漂白していくものです。歯科専用のホワイトニング剤を歯に塗布し、そこに光を照射していきます。そうすることで歯を白く漂白していくものになります。1度で完全に白くなる訳ではなく、3回程度通うことで白い歯を手に入れることができます。ホワイトニングをする前には、歯の表面を掃除することから始まります。

 

ホームホワイトニングで歯を白くする

歯医者で行うホワイトニングのもうひとつの方法で、自宅で行うホームホワイトニングについて説明致します。ホームホワイトニングは、個人個人の歯並びに合ったマウスピースを作成し、その後は自宅でホワイトニングを行うというものです。マウスピースにホワイトニング剤を入れ、それを歯に装着することで歯のホワイトニングをはかります。この作業を一日2時間程度2週間くらい続けます。

 

人工の歯を使用して歯を白く見せる

虫歯や詰め物、差し歯など、過去に歯を治療したあとのものや、それらによってできてしまった歯の色素沈着などに関しては、一般的な歯医者で行うホワイトニングでは取りきることができません。そういったものは、人工の歯を使用して歯を白く見せるという方法もあります。

 

関連サイト

更新履歴